くすみ肌の解消に効果的なクレンジング方法

subpage01

肌のくすみが気になる場合には、メイクが肌に残らないように毎日にクレンジングをしっかりと行う必要があります。もっともメイク落ちが良いのはオイルタイプですが、毎日使うには刺激が強すぎますので、その日のメイクの濃さに合わせてジェルやクリーム等と使い分けることが大切です。

クレンジングのくすみの情報源として、このサイトを効率的に利用するべきです。

メイク用品が肌に残ったままになるとメラニン色素が大量に生成されてしまい、いつの間にかくすみ肌が出来上がってしまいます。メイクの濃さに合わせたクレンジングを利用することは基本ですが、それ以外にも洗い方に注意が重要です。



肌コンディションを整えるためにマッサージを取り入れることがありますが、クレンジング剤は元々洗浄力に優れていて刺激が強いものですので、その上マッサージを行うと肌に大きな刺激を与えてしまいますのでリスクがあります。
肌の潤い成分まで奪ってしまい、かえってくすみ肌を悪化させることがありますので、クレンジングを行いながらのマッサージはしない方が良いといえます。

たとえオイルタイプであっても、マッサージをしない方が良いということは変わりません。

洗う時のお湯の温度にも気を付けたいところです。
冷たい水で洗うと肌が引き締まるように感じますが、汚れが落ちにくくなりますのでNGです。



熱過ぎるお湯は肌に必要な皮脂まで落としてしまいますので、ぬるま湯程度の温度で洗うのがもっとも安全です。

ぬるま湯なら洗った後に肌が突っ張ることもありませんし、適度な油分が保たれますのでバリア機能も保たれます。