クレンジングゲルの種類

subpage01

クレンジングには色々な種類がありますが、ジェル状のものをクレンジングゲルまたはクレンジングジェルといいます。クレンジングゲルはプルプルしていたり、とろんとしているテクスチャーが特徴で粘度が高くなっているクレンジング剤です。

ただし、製品によってゲルにしているゲル化剤は異なり、ゲル化剤によってクレンジングとしての性質は大きく異なってきます。

クレンジングゲル情報をお伝えします。

そのため、選ぶ場合にはどのような種類のゲルなのかを考えてから購入することが大切です。


クレンジングゲルを大きく分けると、オイルフリーの水性ゲル、オイルインの水性ゲル、油性ゲル、オイルゲルという種類に分けることができます。

それぞれの特徴によってメイク落ちも異なってくるため、メイクに合わせて選ぶことがオススメです。

具体的な特徴としては、オイルフリーの水性ゲルはマイルドに作られていますがオイルが入っていないためメイク落ちが悪いという特徴があります。界面活性剤のみでメイクを落とすため肌が乾燥しやすいですが、マツエクをしていても使うことができます。オイルインの水性ゲルは主流となっているタイプです。少量の油分が入ることでオイルフリーよりもメイクなじみがよくなっていますが、それでも油分が少ないためニキビが気になる人などに向いています。

油性ゲルはクリームをゲル状に固めたものになります。



油分が多い分だけメイク落ちに優れており、界面活性剤が少なく肌に優しいタイプです。オイルゲルはメイク落ちが非常に良いのが特徴ですが、肌への負担が大きいタイプになります。